ランニング継続法

Run
こんにちは。

こんにちは。しゅんです。

今回は誰でもできるランニング継続法についてお話しします。

月間走行距離500キロ!?

私は月間で200キロから500キロ程度走るいわゆる市民ランナーです。

社会人サークルで週に1、2回40キロ前後、他は一人で走ることが多いです。

社会人サークルの中でも走る距離は多いほうで、「なぜそんな距離を走れるの?」「どうやったら継続して走れるの?」とよく聞かれるのでまとめてみました!

継続できる4つの理由
  • 楽しい
  • 習慣にする
  • 怪我をしない
  • 仲間がいる
「楽しい」から続けられる

走ることで感じる楽しみはたくさんあります。

なんといっても、走り終わった後のご飯やお酒は格別です!

ダイエット目的で始める方も多いと思いますが、実際に脂肪が落ち、体が引き締まり、体型が変わっていくことも楽しみの一つです。(1カ月で何十キロとかは落ちません。通販で○○サプリとか買ってもダメです。継続して健康的な体でいるための方法はこちら!)

その他にも走りながら聞く音楽に合わせて歌ったり、YouTubeを聞きながらニヤニヤしたり、好きなことを学ぶこともできます。

考え事があれば新しいアイデアが見つかったり、課題解決の糸口が見つかることも多々あります。走った後の予定や将来やってみたいことも走りながら想像することで楽しくなります。

そしてなんと言っても、体が思うように動いたり、前回より少し長い距離を走れたり、速く走れたりといった走ること自体がとても楽しいです。

「習慣になっている」から続けられる

継続するから習慣になるのですが、そもそも習慣にしようと思って実行している人はどれくらいいるでしょうか。

習慣にするには2つ決めるべきことがあります。

  • 毎週決まった時間に走る
  • 次の日も走りたいと思える時間、距離を設定する

朝7時に起きる。8時15分には身支度をして家を出る。8時20分の電車に乗って、9時から仕事を始める。というように、習慣になっていることは時間や順番が決まっています。このとおりやらないと気持ち悪く感じるまで例外を認めず続けてみてください。

また、やる気がすぐに冷める人に多いのは、一回で頑張りすぎてしまうことです。頑張りすぎると「辛かった。」で終わることになるので、次回またあの辛いことが待っているのかと思うと、「走りたい」と思うモチベーションには繋がりにくいです。

「怪我をしない」から続けられる

長距離を走り始めると足が張ったり、痛みが出たりすることもあります。痛くなったら、走りたい気持ちがあっても治るまで安静にしてほしいのですが、そもそも痛くならないよう予防をしましょう。

予防として大切なのが「走る姿勢」「脱力」「呼吸」です。

走る姿勢は糸人形のように頭の先から吊り上げられているイメージです。背筋が伸び、上下運動がなく、足は地面を蹴ったり跳ねたりしません。

脱力は足も手や腕も力まず、身体の中心に軸があることだけを意識しましょう。

呼吸は鼻と口の両方を使って大きく吸って大きく吐いてください。(小学生のころにスッスッハーって呼吸しろと言われて長距離が辛かった記憶があります。なぜあんな指導法だったのだろうか、、、笑)

「仲間と走る」から続けられる

一人で走るとコンディションが悪いときには特に自分自身と向き合い、マイナスの感情に引きずられ、走ることが苦痛になるときもあります。

仲間と走ると、話すことに夢中になったり、一緒に辛い気持ちを共有して乗り越えることができます。私は社会人サークルに入っていて、週に1、2回集まって走っています。近くでサークルがあればぜひ参加してみてください。近くにサークルがない場合はアプリを使って仲間を作ることもできます。私はNike Run Clubというアプリを使用していますが、仲間を登録しておくと週・月・年間走行距離を見ることができます。仲間が走っていれば自分も負けていられないなと思って走る気力がわいてきます!月間走行距離が同じくらいの仲間を見つけることで高めあっていくのも楽しいですよね!

最後に

走ることは健康的でストレス発散にもなって、仲間ができてとたくさんのメリットがあります。短い距離であれば安い運動靴にジャージで気軽に一人でも始められます。
少しずつ暖かくなってきたこの時期に始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました