高校生になる前に知っておいてほしいこと

Base
こんにちは。

こんにちは。しゅんです。
早いもので2020年度も終わりが見えてきていますね。
私が参加している学習ボランティアでも、明日中学生の卒業式を開催します。
今回は卒業する中学生に高校生になる前に知っておいてほしいことをお話しします。

想像力の使い方

自分の高校時代を思い返すと、不安や葛藤がとても多かった時期だと思います。
社会の規則や当たり前に疑問を感じたり、死とは何かを考えたり、
このままの自分で良いのか悩んだり、、、

人類がこれまで生きてこられた要因の一つに想像力があります。
これは他の動物にはない能力で、想像することで今までにないものを思い描き、
カタチとして表し、共有することができます。

まさに魔法のような力ですが、この想像力があるからこそ
将来を想像し、現状と比較する。他者と比較することで
思い悩むことになります。

悩むこと、考えること、どちらも大切ですが、
悩んでいるだけ、考えているだけではいけないと早く気付くべきです。
想像力だけでは将来を変えることはできません。
想像力と行動力が合わさって、初めて将来や希望に1歩近づけるのです。

であれば、言い訳や我慢をするためではなく、
行動するために、いかに達成する方法を見つけるかに想像力を使ってほしいのです。

熱中の仕方

高校生には高校生にしか出せない熱があります。
空気感や温度感、ノリといった言葉でしか表現できないのが申し訳ないのですが
そんな感じのやつです。

中には斜に構えて余裕ぶっている人もいますが
そうしているうちに卒業して同じような空気感を味わうことはできなくなります。

飛び込むなら中心に、ガッツリと飛び込んで、存分に味わいましょう。

何者とは何者か

高校生になると少しずつ大人像が見えてきます。
そこで多くの人は大それた夢を語りだします。
私もそのうちの一人でした。何者かになりたい。
優れた人として認められたい。特別な能力や技術を身に着けたい。
たくさんの人を幸せにし、たくさんの人を救える人になりたい。
そう思っていました。

もちろん語ることには何の問題もありません。
しかし、その言葉は本当に自分の言葉なのか。
これをよく考えてほしいのです。

自分を大きく見せるための見栄の言葉、
優れた人間にならないといけないという義務感から出た言葉、
周囲の人を守るための言葉。

どれもあなたには必要ありません。
言葉に現実が追い付かないとき、あなたはきっと傷つき、苦しむことになります。
しかし、なぜ傷ついているか分からないと同じことを繰り返すことになります。

困っている人、助けるべき人は近くにたくさんいます。
特別な何かがなくてもできることはたくさんあります。
本当に叶えたい夢があるなら、自分の言葉で、身近な人から、コツコツと継続的に。

最後に

幸せになってほしい。
立派な人にならなくても、面白い人にならなくても、他人の役に立たなくても良い。

色んな人が色んなことを言うけれど、
自分自身を大切にし、楽しんで健康に生きていってほしい。
それだけは約束してほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました