確定拠出年金の見直し

Money
こんにちは。

こんにちは。しゅんです。
今回は確定拠出年金(企業型)の見直しについてお話しします。

確定拠出年金(企業型)とは

確定拠出年金(企業型)は加入者が運用商品を決めることで
受取額が変わる年金です。
加入できるのは会社員で、掛金は企業が負担します。
また、原則60歳になるまで受取りができません。

決めるべきこと

入社時の企業研修で確定拠出年金の説明があり、
分散投資しろだとか定期的に見直せとか言われましたが
なぜそうすべきか。とか、そもそもこの仕組みがなぜ必要なのか。
分かりませんでした。

年金の仕組みを知った上で(年金については後日まとめます)以下のことを決める必要があります。

  • 何のために使うのか
  • いくら必要なのか
何のために使うのか

確定拠出年金(企業型)は60歳まで受け取ることができません。
つまり、定年以降の生活のための資金となります。
老後生活の生活費として使うのか、ぜいたく費として使うのか、
基礎年金を受給するまでの費用なのか、90歳までの費用なのか。
といったことを決める必要があります。

いくら必要なのか

これを決めるためには、基礎年金や厚生年金がいくらくらいなのか。
月々の生活費はどれくらいなのか。
どれくらいの贅沢をしたいのか。を確認して、考えて、
確定拠出年金で60歳までにいくら必要か決めましょう。
確定拠出年金の運用サイトでもシミュレーションができるのでぜひ試してみてください。

運用商品の決め方

これらが決まってからやっと運用商品を決めます。
適正なリスクはどれくらいか。何年運用できるか。
ここが決まらないまま運用商品を決めても将来後悔するだけです。

将来の生活費にしたいのであればリスクが大きすぎると
受取時に目減りしている可能性も高くなります。
そうすると老後生活に不安を残すことになります。
一方で、生活費は別で考えているから贅沢費に充てる想定をしていれば
リスクが低すぎるとリターンも低いままです。
確定拠出年金は運用益に対して非課税のメリットがあるので、
有効活用して受取額を増やすことも考えるべきです。

運用商品を決めるときの注意点

投資の基本は長期・分散です。
長期は60歳になるまで引き出せないという確定拠出年金の性質があるため
どうすることもできませんが、
分散という点で勘違いしている人が多くいます。

例えば国内株式のファンドも数種類あります。
これらのファンドは国内株式の詰め合わせ。
つまり、1つ買うだけで国内株式の分散投資ができています。
国内株式のファンドを複数に分けて掛け金を分配する必要はありません。
(詰合せ方が異なるのでそれらを理解した上で分散して買うのは良いかもしれませんが。)

また、投資スタンスを決めていても定期的に見直す必要はあります。
それは契約できるファンドが追加されたり、
信託報酬、信託財産留保額が変更されている可能性があるためです。
手数料は可能な限り減らすべきなのでこれらを定期的に見直すことは必要です。

最後に

年に数回見直すことは面倒なことかもしれませんが、
年利が1%変われば将来の受取額は大きく変わります。
複利の力を油断せず、過信せずに運用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました